よくあるご質問アートメイク編

北摂・箕面の綺麗になりたい!痩せたい!変わりたい女性向け美人塾サロン。エステやまつげ・ボディメイクだけでなく中からもインナーサプリ、酵素栄養学、スムージーなどで綺麗に変わるメソッドをお客様と二人三脚でさせていただきます。完全予約制・女性専用・美容師免許
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Q&A


①アートメイクするメリットって何?

アートメイクは汗や水で落ちないメイクです。
毎日のお化粧の時間も短縮でき、出勤前や旅先、急な来客などでも、
もう慌てる事はありません。
アートメイクは落ちずに持続するメイクですから素顔に自信が持て、
今までの悩みも一気に解消です。
小さい目や細い目もパッチリになり、お顔の印象が明るくなり
そうなると、当然表情も若くイキイキとしてきます。

逆に簡単に洗顔で落ちるものではないのでじっくりカウンセリングの上施術するかどうかご判断ください。

②刺青とは違うの?

アートメイクと入れ墨とは違います。
入れ墨は、皮膚下3mmの“真皮”と呼ばれる部分にまで墨を入れ込み
一生取れませんが、アートメイクは皮膚下わずか0.02ミリ前後の
表皮の部分のみにFDA(米食品医薬品局)で認可された天然素材から
摘出した染料を使って染色していきます。
一生落ちない入れ墨とは違って、アートメイクは個人差はありますが
2年から5年で年々薄くなっていきます。
ラソでは退色の個人差はありますが
一年に一度のメンテナンスをお勧めしています。

③痛みが弱いのですが・・・

皮膚に針を当てるので多少痛みは感じるかと思います。
ただ刺青と違い皮膚の表面部分に染色しますので、眉毛を抜いた時の
“チクッ”とする程度です。
痛みの感じ方は個人差がございますが、 中には施術中に痛みを
あまり感じずに寝てしまわれる方もいらっしゃいます。

④どのくらい時間がかかりますか?

眉、アイラインそれぞれ施術自体はは約1時間程度で済みますが、
カウンセリング~クールダウンまでで眉で2時間程度、
アイラインで1時間強程度です。
回数は眉・アイラインともに、2回から3回の施術が一般的です。
その後、2週間以上の間隔を空けながら、2回目、3回目と施術していきます。
※施術回数には個人差があります

⑤衛生面が心配なのですが?

衛生面を重視して、施術前には必ず消毒を行い、施術者は使い捨ての
マスクとグローブ着用します。
また、直接肌に触れる器具(染料、針、キャップ、ニードル等)はすべて使い捨てですので
ご安心下さい。

⑥どのくらいの期間きれいに持ちますか?

アートメイクは刺青とは異なり、月日と共に薄くなります。
色持ちの具合は、お手入れの仕方・新陳代謝の状態・酸化
施術回数など、生活環境や体質によって個人差はありますが、
おおむね3~5年と言われています。
薄くなってきたり、変色をしたら早めにメンテナンスをすることが、
美しさを持続させる秘訣です。

⑦自分に似合う眉がわからない・・・

施術前に綿密なカウンセリングを行いお客様のご希望のデザインや
なりたいイメージを元に、流行を取り入れながら、お客様の肌の色、
骨格、輪郭、表情筋、雰囲気に合わせて相談しながら決定します。
更に豊富な色素の中から、肌や髪の色に合せて自然な仕上がりになるよう、
デザインしていきます。

⑧施術後腫れたりしませんか?

眉は、施術直後1時間くらい、その周辺が少し赤くなることは
ありますが、腫れはありません。
アイラインについては個人差がありますが、施術後まぶたが
重い感じになったり、若干の赤味がでることがあります。
そのような場合は冷やしていただくと大分緩和されます。


⑨MRI(磁気共鳴映像法)ができなくなるってホント?
MRIは金属に反応しますが、FDA(食品医薬品局)の厳しい審査で
許可された、安全性の高い、天然素材から摘出した染料です。
しかも施術時に使用する色素の量はごく少量ですので、
反応してしまうことはほとんどありません。

このほかにもご質問等あればご遠慮なくお聞きくださいませ。
カウンセリングは無料ですのでまずはカウンセリングにお越しください。

今日もワンクリックおねがいします~~~~。
にほんブログ村 美容ブログへにほんブログ村 美容ブログ まつげエクステへ

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://salondelazo.blog108.fc2.com/tb.php/391-a17d0c6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。